山口 ピンサロ 白夜

山口のピンサロ 白夜

山口県の湯田温泉にあったピンサロ白夜

会社の慰安旅行で、国道を2時間半ほど走った歓楽街「湯田温泉」まで1泊2日の旅行にいきました。我が社の女子社員は事務員が3名いるだけで、あとは全員男性なんです。宴会も楽しみだけど温泉街の風俗のほうが、もっと楽しみですよね。下関にピンサロは1店舗もないけど、湯田温泉にはピンサロが2店舗あるんです。

 

中央国道を2時間半で湯田温泉に到着

集合時間の9時に、湯田温泉のバスが駅西口の駐車場に止まっていました。全員乗り込んだのを確認して出発進行です。中国自動車道を走ること約2時間半で温泉地に到着しました。宿は「西の雅 常盤」なんです。和風建築でおもむきがあり、女将と女中が全員でお出迎えしてくれました。まずはひと風呂浴びて瓦そばを食べたら、温泉街を散策です。

 

山口県の温泉の歓楽街でピンサロを発見

石畳に下駄の音が心地いいですよ。それに山口市の歓楽街だから小料理屋や居酒屋、そしてスナックがあります。ピンサロ「リップ」の看板を発見すると、同僚が手招きをするんです。直ぐ近くにピンサロ「白夜」の看板がありました。宴会が終ったら顔を出そうと思っていたけど、オープンしているから入ることにしたんです。

 

ピンサロは40分10,000円の温泉地プライス

料金は飲み放題で40分10,000円ジャスト!下関にピンサロは無いので高いのか安いのかわかりません。受付けで料金を支払い、待ち合い室のソファで一服してたら声がかかりました。同僚との席は離すようにしてもらい、一番角に座ったんです。店内は薄暗いですが、顔やボディは分かる明るさです。真っ暗よりも期待できる・・・と思ってたら女の子がやって来ました。

 

湯田温泉のピンサロは女の子の質が結構高いね

テーブルにビールとオシボリを置いて、あいさつのキスです。20代前半のスレンダーで、温泉地のピンサロにいるようなオバちゃんではありません。テレビドラマQ10のヒロインを演じた、元AKBの前田敦子ちゃんにプチにていますよ。ビールを注いでもらい、生ツバと一緒にゴクッと飲んじゃいました。

 

女の子は肌が白くてエロっぽい

女の子の柔らかいオッパイが腕に当たってるし、膝をサワサワしながら徐々にオチンチンへと向かっていきます。ドレスの上からオッパイをもみながらディープキス!くちびるがプニュッと柔らかくて気持ちいいですよ。女の子がオールヌードになると、肌が白いからエロっぽいんです。フータもスッポンポンになってプレイのスタートです。

 

女の子のテクニックで発射寸前!

オシボリでオチンチンを消毒したら、ジッとフータの目をみつめながら手コキです。亀頭をグリグリしたり、指先で竿をくすぐるようにマッサージするんです。フェラは初めゆっくりのネットリだけど、ギンギンに勃起するとヒネリを加えたローリングフェラに変化するんです。このままでは発射しそうなのでストップさせて、女の子を横に座らせちゃいました。

 

アソコは数の子天井

女の子のアソコをさわると、グッショリ濡れているんです。優しく中指を挿入したらキュッと締め付けてきますよ。薬指と2本を試すと天井にツブツブを発見しました。ツブツブを集中的に責めたら、必死にアエギ声をこらえています。セクシーな顔に興奮して、ロングキスしちゃいました。

 

湯田温泉のピンサロは1発発射で終了

フィニッシュは、女の子がフータの股に顔を突っ込みバキュームフェラなんです。しばらくは持ってたけど、我慢できずにドビューッと口内発射しちゃいました。気持ち良いよいんにひたっていると、オシボリでお掃除して終了なんです。時計をみたらまだ10分以上のこっていますよ。でもね、この後のピンクサービスは一切ありません。湯田温泉のピンサロは、1発抜いたら終了なんでしょうか!

 

下関にもピンサロがあるといいかもね

プレイが終って出口に向かうと、同僚がニコニコ笑いながら待っていてくれたのです。旅館に向かいながら、宴会が終ったらもう一軒の「リップ」に行く約束をしちゃいました。おっと、忘れるところでしたが、同僚は手コキとフェラで2回抜いたそうです。ということは、フータについた女の子はサービスの手抜きじゃないですか!